静岡のシャグジ一覧

各地の神社名鑑や郷土誌、江戸期の地誌、今井野菊氏による踏査集成などに基づく、現存または具体的な伝承が残る静岡のシャグジ一覧です。

現在は静岡市、浜松市、沼津市、熱海市、三島市、富士宮市、伊東市、島田市、富士市、磐田市、焼津市分です。

PDF版はこちら↓
静岡のシャグジ踏査集成20231224

静岡市葵区

静岡市葵区は、駿府城下、農村部、山間部という多様な生活環境で構成されていた広大な地域である。

この地域のシャグジには伝承らしい伝承がほとんど残っておらず、唯一草鞋(わらじ)を納めるなどの逸話が伝わっていた川合社口神社も現存しない。

祭神については11社中5社が八衢比古命・八衢比賣命(及び久那斗神)であり、他地域より多い比率である。
また、保食神などの農耕神を祭神にしているシャグジが見られない。
このため、農耕神としての役割をどの程度持っていたのかが判然としない一方、境界神としての性格がやや強い印象を受ける。

都市部である駿府城下に鎮座するシャグジは横田町西宮神社が唯一と思われるが、このシャグジは北辰妙見と習合した院内(陰陽師)起源のものと考えられ、他の村落ごとのシャグチとは一線を画す。

なお、現在もシャグジを本社としているのは、いずれも安倍川流域の山間部にある左口神社佐久地神社のみである。

本社等の名称区分シャグジ社等名称祭神備考現存字地番駿河志料駿河國
新風土記
駿河記今井踏査
淡島神社旧地古庄の
おしゃもじさん
 神社隣の畑に大正末期まで樹木が1本立っていた。
ここを「おしゃもじさん」と呼んでいた。
(東豊田郷土誌)
古庄
2丁目
1−83
社宮司祠左口社社宮司祠左宮司社
さぐつさん
2022/7/23
横田町西宮神社旧称左口神社猿田彦命昭和三年に左口神社から西宮神社に改称
院内(陰陽師)が信仰する北辰妙見と習合したシャグ
ジと思われる。
横田町
5−24
左口司社左口神社
恵比須社
 左宮司2022/11/10
新伝馬白髭神社合祀左口神社八衢比古命
八衢比賣命
かつて隣村の松富下組村の貴庵寺境内に鎮座した左口
神社を産土神として信仰。
弘化三年、白髭神、左口神を勧請奉祀して白髭社と称
す。
新伝馬
3丁目
14−3
    2023/2/4
門屋八幡宮境内社左口神社八衢比古命
八衢比賣命
八幡宮は門屋村の産土神であり、
村内にあった小祠が境内に寄せられている。
左口神社もその一つである。
門屋
1093
社宮司社社宮司社社宮司社
おさぐつさん
2023/2/4
郷島浅間神社合祀三五神社八比古命
八衢比賣命
久那斗神
神社名鑑では浅間神社の祭神に八衢比古命と八衢比賣
命も挙げられているが、三五神社の合祀に関する記載
はない。
一方、明治三十一年に合祀したという三島神社は郷島
に鎮座した記録がないため、三五神社の誤記と思われ
る。
郷島
373
左宮司社左口司社左口司社2023/2/4
左口神社・
白髭神社
本社左口神社猿田比古命
誉田別命
寛永八年創建。玉川地区では白髭神社が主流であり、
合祀等を含め、当社が唯一の現存するシャグジのよう
である。
落合
1404
左口司社   2021/7/25
大渡神社・
佐久地神社
本社佐久地神社猿田彦命明治八年、黒俣村上和田にあった佐久地(さくち)
神社を大渡神社に合併(安倍郡清澤村誌)
黒俣
1098−1
左宮司左口神社 左宮司社 2021/9/20
安東熊野神社
境内社 五社神社
合祀佐口神社八衢比古命
八衢比賣命
久那斗神
五社神社(荒神社、津島神社、塞神社、稲荷神社、
佐口神社)
大正十四年境内社を合併
安東
1丁目6−4
左口司  左口司社2022/6/28
北沼上八柱神社合祀後
分祀
左口神社八衢比古命
八衢比賣命
久那斗神
大正二年八月二十四日同所坂下鎮座無格社左口神社を
合祀
昭和二十二年同左口神社を分祀(現在地不明)
北沼上
915
左口司社左口社  2022/8/28
田ケ谷左口神社本社田ケ谷左口神社
千代田誌に「シャモジ社」とある。
かつては山上で祀っていたが、社地が崩れ、現在地に
遷したという。
北沼上
字田ケ谷
667
2022/8/28
2023/9/17
川合社口神社
(お杓子さん)
旧地川合社口神社
(お杓子さん)
不詳 川合と上土との中間の沿道にあった小祠。
昭和十年頃同地に建設された清水水産罐詰工場が管理
していた(千代田誌)が、現在は痕跡を見出せない。
川合2丁目
字社口
   左宮神社2022/10/8
瀬名川菅原神社境内社社宮司神社文献資料は江戸期の地誌以外に見当たらないが、境内
社として現在も祀られている。
瀬名川2丁目
字小坂給
18−16
左宮司社三狐神左宮司社左宮司社2023/7/2

静岡市駿河区

静岡市駿河区は、旧静岡市域の東海道本線以南と、安倍川西岸の旧長田村地域で構成される。

シャグジを本社とする神社はなく、伝承もほとんど残っていないため、信仰の内容ははっきりしないが、地域内の各集落に当然に祀られていたようだ。

旧長田村のシャグジは古代の東路(あずまじ)に沿った集落に立地し、祭神もすべて猿田彦命であることから、道の神としての性格がうかがえる。

一方、旧八幡村にあった左口神社の祭神は保食神とされ、さらには「稲荷神社といわれた」とまで伝わっている。

このことから、旧八幡村を含む旧豊田村地域のシャグジは、農耕神としての性格が強かったことがわかる。

なお、旧豊田村には、現在は痕跡がないが、近年まで残っていたと思われる四社のシャグジの記録がある。

本社等の名称区分シャグジ社等名称祭神備考現存字地番駿河志料駿河國
新風土記
駿河記今井踏査
丸子稲荷神社
元宮
境内社左口神社猿田彦命丸子稲荷神社は昭和五十三年に本社を当地西側に遷宮
残地神域は稲荷神社元宮として、境内社の左口神社
(猿田彦命)などを奉斎
(瀧本雄士「丸子路の史跡めぐり」)
丸子
字泉ヶ谷
左口司社 社宮司祠 2022/9/11
丸子津島神社境内社左口神社猿田彦命独立社殿に祀られる。丸子
字戸斗谷
1813
左口司社左口社左宮司左口社2022/9/11
丸子谷津神社合祀左口神社猿田彦命左口神社 祭神猿田彦命(長田村誌)丸子
字細工所
4790−1
左口司社 社宮司社左口社2022/9/11
用宗浅間神社境内社左宮司社神社名鑑では左口社とされる。
社名以外の伝承なし
用宗城山町
20-5
社宮司社社宮司社社宮司社2023/2/11
鎌田八幡神社合祀左口神社猿田彦命鎌田村字左口、左口神社(祭神猿田彦命)を明治二十
四年十二月八日に合祀(静岡市神社名鑑)
鎌田
382
社宮司社 社宮司社宮司社2022/9/11
栗原社宮司社旧地社宮司社 東豊田郷土誌栗原左宮司社左口社 左宮司社2022/5/5
中吉田左宮司社旧地中吉田左宮司社 「電車線踏切の北側、吉田川東岸の道の傍だったが、
この辺り一昨年の七夕豪雨の出水で変貌し跡方もな
い。」(民俗しずおか第15号「左宮祠覚書」昭和51年
12月)
中吉田
字散田口
1194
左宮司社左口社 左宮司社2023/4/1
中吉田左宮司社旧地中吉田左宮司社 「今日石村金属という工場の敷地になり、整地されて
知るべくもない。」
(民俗しずおか第15号「左宮祠覚書」昭和51年12月)
中吉田
字壱反所
175
左宮司社左口社 左宮司社2023/4/1
谷田左宮司社
(しゃもじ社)
旧地谷田左宮司社
(しゃもじ社)
 「谷田の氏神の西方程ない所に大きなもちの木を中心
に二、三本の木があり、その下に何も刻まれていない
六、七十センチばかり細長い自然石が一個倒れてい
る。」(民俗しずおか第15号「左宮祠覚書」昭和51年
12月)
とあるが、現存は確認できていない。写真記録あり。
谷田
字宮の前
124
   左宮司社2022/7/23
宮本神明神社合祀左口神社猿田彦命 明治四十年、旧川辺村の左口神社を合祀宮本町
9−30
左口司社  社宮司2022/6/30
静岡八幡神社合祀左口神社保食神明治四十一年、八幡字大屋敷から合祀
稲荷神社といわれた。
八幡山
左口司社左口社2023/3/11
高松神社境内社左口神社 駿河志料は敷地(高松分郷)に左宮司社ありとする。
駿河國新風土記は「高松敷地宮竹各一所つゝあり」と
する。
高松
字神明原
1571
 左口社 おさもつさま2022/6/19
少将井神社境内社左口神社猿田彦命明治二十二年に手越字藤ノ木鎮座の左口神社(猿田彦
命)を境内社としたが、後に合祀
左口神社は江戸初期の元和創建と伝わる。
手越
202
左口司 社宮司社左口司社2022/9/11

静岡市清水区

静岡市清水区は、旧清水市、旧由比町、旧蒲原町によって構成される。
郡制においては旧庵原郡の大部分及び旧有度郡の一部に当たる。

この地域のシャグジは三狐神や保食命が祭神であったり、検地にまつわる伝承を持つなど、多くが駿河シャグジらしい農耕神の性格を有する。

一方、庵原郡域では、興津社護神社をはじめ、寺院の守護社、伽藍神だったと思しきシャグジが見られる。

また、小島伊佐布など、山梨県に近づくにつれ、甲斐国で盛んだった諏訪信仰の影響が見えるシャグジも現れる。

創建時期に関しては、増神明社(佐栗神社)が中世鎌倉期創建とされるほか、三保佐久神社宮加三神社などの周辺でも鎌倉期の史跡・伝承が多く見られる。

これらの特徴は、この地域では、複数の経路により段階的にシャグジ信仰が広がったことを示唆していると考える。

本社等の名称区分シャグジ社等名称祭神備考現存字地番駿河志料駿河國
新風土記
駿河記今井踏査
入江白髭神社末社左宮司神社猿田彦命院内を起源とするシャグジか。入江1丁目
13−17
    2022/10/15
長崎新田
佐口神社
本社佐口神社保食命明治十四年の駿河村誌には、
「手置帆負命、彦狭知命を合祭」とある。
長崎新田
275
  左宮司社 2020/12/27
2023/1/8
御穗神社境外
摂社
三保佐久神社猿田彦大神享保六年(1721)の
「駿河國三穂社記(別宮摂社考)」に、
「左久神(サグジン)三保村森ノ中ニアリ」とある。
雙栗(サクリ)神社ともされる。
三保村誌(大正二年)には「杓文字神社」として
記載され、検地の際に用いた竿を納めた「竿神社」
の転訛とされる。
三保
字北方
3056
 左久神社雙栗神社  2022/10/22
馬走神社合祀社子司社 不詳明治三十九年、字坂の下にあった社子司社を合祀
(由緒書)
馬走
8−12
左宮司社左口社左宮司社左宮司社2022/5/5
増神明社合祀佐栗神社猿田彦命明治元年に左宮司社から佐栗神社に改称。
大正五年伊勢神明社に合祀
明治十四年の駿河村誌では、保食神を祭るとする。

206
2023/2/6
宮加三神社相殿左宮司神社猿田彦命駿河志料、駿河記の三澤の項に「田の中にあり」とあ
る。
駿河國新風土記では「産土八幡大棟梁左宮司三社相殿
の社あり」とされる。
宮加三
字居屋敷
432
左宮司社左宮司社左宮司社左宮司社2023/6/10
興津社護神社本社社護神社天照大御神
猿田毘古神
貞享三年の古図に社護神の記載あり。
昭和八年、社殿焼失して古記録等存せず、
昭和九年社殿を新築するも参道崩れ維持困難なため、
平成二十四年、茨原神社に合祀された。
(茨原神社由緒書)
興津本町
763
    2021/10/24
2023/10/7
茨原神社合祀社護神社天照大御神
猿田毘古神
平成二十四年、山の中腹にあった
旧地(字滝の沢763)から麓に移転。
移転に伴い上記の社護神社を合祀
興津本町
642−7
2021/10/24
2023/10/7
女体の森
宗像神社
境内社猿田彦大神猿田彦大神境内社の猿田彦大神は「東海道分間延絵図」にある
「社古地ノ森」ではなかったか。
興津中町
554
2023/10/7
尺誥神社石碑尺誥神社 尺誥(しゃぐじ)神社。
北田から阿僧の三叉路を白井沢方面に少し行った段丘
地に「オシャモッツアン」と呼ばれる社が祀られてい
た。
現在は一面のミカン畑で、その畑の片隅に
「尺詰神社」
と刻まれた一米程の石碑が立っている。
古老の話によると、夜泣きどめの神様とか、
小便の神様とか言って、
お果しには油あげを供えるという。
(ふるさと由比-歴史散歩編-)
由比北田
字上野
左宮司 左宮司社尺詰神社
おしゃもったん
2023/4/22
龍雲寺境内社社口大明神 龍雲寺の裏山中腹に「社口大明神」があったという。蒲原2丁目
12−10
    2023/5/4
承元寺八幡神社合祀社口社 承元寺八幡神社は隣接する神護山承元寺の鎮守社であ
る。明治三十九年に社口社を合祀した。
承元寺町
字下山
648
    2023/5/22
小島の
おしゃもじさん
小祠小島の
おしゃもじさん
 拝むと子供の夜泣きがおさまるといわれている。
シャグジであることは忘れられてしまったようだ。 
小島町
字栗原
南沢入口
    2022/6/4
尾羽の
おしゃもじさん
小祠尾羽の
おしゃもじさん
 尾羽の宮平に「おしゃもじさん」という
小高い場所があって、ここを掘り起こすと
「オコリ」をふるうと言い伝えられていた。
今はみかん畑となっている。
(民話・伝説・小字の由来「いほはら」)
尾羽字宮平    2023/4/29
杉山八柱神社合祀作工司大明神 旧庵原郡杉山村にあった氏神八社を合祀した神社であ
り、八社のうち「作工司大明神」がシャグジと考えら
れる。
杉山
426
左口司社 左宮司社左宮司社2023/4/29
伊佐布
伊勢神明社
境内社左口神社 「左口社は大上より明治八年に遷宮す 大上の最旧家
と称する朝倉角太郎屋敷内に在りしものなり」
(庵原村誌)
また、下伊佐布にも山田家が祀る左口社があった。
伊佐布
403
左口司社 左宮司社左宮司社2021/12/19
押切八幡神社相殿左口神社 八幡神社、白髭神社、左口神社による三社相殿。
江戸時代後期には既に相殿となっており、当時左口神
社は「三狐神」と称した。
三狐神は田の神とされる。読みは「さぐじ」であり、
シャグジの一種でもあるため、その後「左口」の表記
に変更されたものと思われる。
押切
1198
三狐神三狐神社三狐神 2022/10/15
蜂ヶ谷八幡宮境内社佐口神社佐口(さくう)神社。合祀の経緯等を示す資料が見当
たらない。
蜂ヶ谷
字八幡山
306
2023/9/10
下野浅間神社境内社三狐神三狐神は浅間神社境内の別棟に奉斎される十二天尊と
共に祀られる。
当社が鎮座する字前田に接する字三狐神に鎮座してい
たシャグジと思われる。
下野町
8-24
社宮司社左宮司社左宮司社2023/2/6

焼津市

焼津の地域性か、江戸期のシャグジの多くが丁寧に祀り継がれ、記録にないシャグジもそこかしこに見られる。

本社等の名称区分シャグジ社等名称祭神備考現存字地番駿河志料駿河國
新風土記
駿河記今井踏査
八楠加茂神社境内社左口神社不詳総国風土記の箭葛(八楠)の項に「柳田神社 大化二
年(646年)丙午二月所祭“雙栗神”也」とあるのが
加茂神社といわれ、シャグジとの関係が想起される。
八楠
字押洗
360
社宮司2022/12/10
大覚寺下八坂神社境内社左口神社鎌倉時代の弘安三年(1280年)、八坂神社と同時
に山王神社、八王子神社、左口神社を勧請(志太地区
神社誌)配神 左杓司等(静岡志太郡西益津村誌)
大覚寺1丁目
9-1
2022/12/10
焼津北大井神社摂社左口神社猿田彦命通称「おしゃもんさん」。個人宅の敷地内にあった左
口神社を明治三十四年に合祀。
駅北2丁目
字六林
5−13
左口司社左口社左口祠社口祠2023/8/13
焼津神社境内社佐宮子社不詳かつては焼津神社の境外末社に位置付けられ、「天白
の森」として、天白社とともに祀られていたようだ。
(焼津町誌)天白社は現在境内社の一つとなっている
ため、佐宮子社もともに祀られていると思われる。
焼津2丁目
字宮之腰
7−2
社宮司社宮司社宮司2023/8/25
小柳津西宮神社境内社左軍神社 明和九年の小柳津村明細に「さこし(左口)社」と記
される。
小柳津237    2022/8/20
五ケ堀之内
三嶋神社
合祀左口神社猿田彦命明治三十三年、元の若宮八幡宮の北側にあった左口神
社を合祀
五ケ堀之内
1001
社口司社社宮司左口司社社宮司社2022/10/1
三ケ名神明宮合祀左口神社左口神明治三十三年、境内社八王子神社に左口神社を合祀三ケ名980左口司社宮司左宮司社 2022/10/1
石津八幡宮合祀左口神社猿田彦之命明治四十年、石津字西浦にあった左軍神社(通称オシ
ャモッツァン)を合祀(志太地区神社誌)八幡宮の棟
札に記された「三五権現」もシャグジの可能性があ
る。(小川町誌)
石津
字宮ノ西
448
2022/10/1
小川新町左口神社本社左口神社猿田彦命当地は古くから田地の中に小社を有し、樹木鬱蒼とし
ていたことから左口森と呼ばれた。通称オシャモッツ
ァンと呼ばれる。
小川新町
4丁目
字左口森3
   左口社2022/1/30
中里若宮八幡宮境内社社護神社社護神境内社の社護神社は大井神社、秋葉神社、白髭神社と
共に長屋式の社殿に寄せられている。
中里
1000
    2022/12/10
那閉神社境内社青木神社
(左口社)
 浜当目にあった「青木の森」に祀られていた左口大明
神の社地に、戦国末期の武田方豪勇の士、須藤左門を
祀る石社が造立された。
現在は青木神社として那閉神社境内に遷座されてい
る。(焼津市史 民俗編、ふるさと東益津誌)
浜当目3丁目
字那閉崎
12−13
社口社左口社  2023/8/13
2023/11/11
花沢の
オシャモッツァン
本社オシャモッツァン 歯痛や子どもの病気に御利益があると言われ、花沢の
人々に信仰された。
祠はなく、山肌に自然石が露出している場所自体を拝
む。
吉津    2023/8/13
石脇浅間神社境内社社宮司 農耕神、開拓神として祀られていたと考えられる。通
称おしゃもつあん
石脇下705左宮司 社宮司社左口神社2023/8/25
和田神社境内社左口神社猿田彦命明治三十三年、字上新並にあった左口神社を天白社、
水神社、天神社と共に合祀(和田浦)
田尻
字和田1
山護神2023/1/15
栄田神社合祀左口神社猿田彦命明治四十年、北新田字弥平西にあった左口神社を合祀
(和田浦)
田尻北12023/1/15
上小杉八幡宮境内社社護神社大名牟遅神
小名毘古那神
八幡宮の末社として奉祀(静浜村誌、大井川町史)上小杉
字本郷
85
    2023/8/19
御社守稲荷本社御社守稲荷 藤守八箇森の一つ、字中島の「椀貸の森」に鎮座。
オシャモリサン、オシャモジサン、中島のお稲荷さ
ん、柿崎のお稲荷さんなどと呼ばれ、シャグジ信仰と
稲荷信仰が習合している。
下小杉
(藤守字中島)
   御社守稲荷2022/8/11
吉永八幡宮末社社子神少彦名神元は字西川原にあり、文政年中に字上島の熊野神社境
内社となった。さらに明治九年、熊野神社と共に吉永
八幡宮境内に遷座した。(吉永村誌)
利右衛門
字大島883
    2023/8/19

浜松市

この地域には一族単位で祀られているシャグジもあり、調べるほどに次々と掘り起こされる。

本社等の名称区分シャグジ社等名称祭神備考現存市町村字地番遠淡海
地志
今井踏査
伊場賀茂神社合祀斜口神社斜口宮大神明治七年五月十一社を合併(浜松市神社名鑑)
明治初年に、旧伊場町にあった八面荒神・神明・十七
夜・雨宮・水神・斜口・大日・建速・御誓・木船・伊
雑宮などを合祀(浜松の史跡 続編)
中区東伊場1丁目17−1 斜口神社
(おしゃぐつさま)
笠井町春日神社境内社社宮司神社猿田彦大神本町倭下林ニ鎮座アリシヲ明治七年合併ス
(笠井町郷土の俤)
東区笠井町1348−1  
赤宮
(じゃぐう)神社
本社赤宮
(じゃぐう)神社
猿田彦命貞観年間の創立と伝えられる。東区上西町883 赤宮神社
積志町神明神社合祀社宮司社猿田彦命東区積志町1021
三社山神社境内社赤宮神
(しゃぐじん)の祠 
赤宮神オシャモッツァマ西区入野町4990−2  
雄踏町山崎
三島神社
境外
末社
山宮神社山宮神しゃぐうじ、おしゃまつさま、祝神、おしゃぐつさま
近隣に山宮神(しゃぐじ)公園がある。
西区雄踏町山崎3549 山宮神
社護司
(しゃごじ)神社
本社社護司
(しゃごじ)神社
豊受姫命
佐田彦命
 南区老間町112  
富屋町貴船神社小祠お杓子さま 伏せ貝を吹いたことで斬り殺された山伏を
供養するために建てられた地蔵といわれる。
願をかけると病気が治ると言われ、
治るとお杓子を上げて納めた。
南区富屋町  
オシミッツァマ小祠オシミッツァマ イッケ(同族)の地の神。清水が湧く場所で、
源平いずれかの落人を祀ったとも伝わる。
(引佐町史)
北区引佐町別所  
オシャグッツァマ小祠オシャグッツァマ イチモン(同族)の地の神。山裾の檜の下に鎮座
(引佐町史)
北区引佐町谷沢  
細江町三和
八幡神社
境内社左口神社市杵嶋姫命 北区細江町三和527 社宮神社
左口神社
(おさもつさま)
(さぐ神)
三ヶ日町岡本
御薗神明宮
境内社社宮神社猿田彦神 北区三ヶ日町岡本1744 社宮司神社
都筑神社末社社宮司神社猿田彦神八幡宮外二十一社の末社の一つ北区三ヶ日町都筑1176 社宮神社
須倍神社合祀社宮神社
社宮神社
船戸神
麓山祇命
外宮に合祀された七十余の村内神社に含まれる。北区都田町6284  
社宮
(しゃぐう)神社
本社社宮
(しゃぐう)神社
岐(ふなど)神おしゃぐつ様
悪疫、災禍を防ぎ、子授けの霊験あらたかの御神徳で
崇敬を集めている。
願主は杓子を奉納する慣わしがある。
北区都田町(吉影片瀬)
7029
  
尾野金刀比羅神社境内社尺地宮(寄せ宮)猿田毘古大神明治十四年、尾野地内の各所に祀られていた
十二社を集め、寄せ宮としたうちの一社。
正保四年勧請。
古い神札には社具土、社口之宮ともある。
浜北区尾野2617  
中条須賀神社境内社社宮神社猿田彦命明治七年、村内にあった神明社(中条字水神)・
社宮神社(字中川原)・山神社(字山神)を
境内社とした。(浜北の社寺を訪ねて)
浜北区中条1
石神神社本社石神神社石神大神年を追って成長するという富士石(石棒)を祀る。
(遠江風土記伝)
同様の伝承は各地にある。
天竜区石神 石神大神
社隅地
(しゃぐじ)神社
本社社隅地
(しゃぐじ)神社
  天竜区石神  
六所神社境内社シャゴッツァマ 天竜市史に他にも多くのシャグジが挙げられているが、
未特定
天竜区上野226  
新宮神社合祀社子神猿田彦命「遠淡海地志」では和泉平には
帝釈、社子神、天王、大明神があるとされる。
「静岡県周智郡誌」には
新宮神社に三社が合祀されているとされている。
仏教神である帝釈を除く三社とすれば、
社子神も含まれると考えられる。
天竜区春野町和泉平857社子神社子神
蛭子神明神社境内社社子社猿田彦命熊切村胡桃平神明社境内に猿田彦を祭神とする社子社
あり。(静岡県神社志)
昭和3年、神明神社を蛭子神社に合祀し、社名を蛭子
神明神社と改称
天竜区春野町石打松下222社子神
杉小國神社合祀社子神社猿田彦命明治五年、字高杉にあった社子神社を合祀天竜区春野町杉字上ノ山485
長蔵寺諏訪神社合祀社子神社猿田彦命明治四十一年五月八日区内の熊野社・天神社・
社子神社・遠津社・地神社を合祀する。
(静岡県神社庁HP)
天竜区春野町長蔵寺225社子神社子神
花島蛭子神社旧地おしゃもじ様 蛭子神社の近くの川あたりにあった、
今はない榊の木がおしゃもじ様と呼ばれ拝まれていた。
(春野町周辺の民俗)
天竜区春野町花島117-3  
堀之内熱田神社合祀社護地神社猿田彦命明治七年、字明野にあった社護地神社を合祀天竜区春野町堀之内216

沼津市

本社等の名称区分シャグジ社等名称祭神備考現存字地番駿河志料駿河國
新風土記
今井踏査
秋葉神社旧称秋葉射軍神祠 駿河志料にある秋葉射軍神祠に該当すると思われるが詳細不明大塚341秋葉射軍神祠  
オシャモッサン小祠オシャモッサン社護神昌源寺の墓地の南側に鎮座。かつては小さな森の中に祀られていた。原(原西町)   
鷲頭神社合祀左口神左口神左口神は、鷲頭神社が明治七年に鷲頭山頂から現在地に遷座した際、
合祀された村内全神社の中に含まれる。
大平1824   
諏訪神社
縁結神社
合祀左口神左口神じゃも(疱瘡や皮膚病の痕)を守って下さる神様として祀っていたが、
何時の間にか「オシャモジサン」と呼ばれ、
あせも・おできの神として信仰されている。(大平山桃源院HP)
大平2943   
石川稲荷神社合祀社護師神社不詳明治三十七年に社護師神社を合祀石川710社宮司社
左口(しゃぐう)
神社
本社左口(しゃぐう)
神社
石神子どもを愛する神という。多数の石錘が御神体。
(ふるさと愛鷹よもやま話)
東椎路1204-1石神社石神石神社

熱海市

本社等の名称区分シャグジ社等名称祭神備考現存字地番豆州志稿今井踏査
水口町社宮神社本社水口町社宮神社社宮神かつて社宮神が鎮座していた森が明治期に田畝となり、一時は個人の庭内に祀られていたが、
大正二年、水口の旧地に小祠が建てられた。(熱海町誌)
水口町

三島市

本社等の名称区分シャグジ社等名称祭神備考現存字地番豆州志稿今井踏査
右内神社境内社社護神社社護神境内社一 山神、第六天、淡島、床浦、秋葉、天神、
金比羅、社護神等を合祀(増訂豆州志稿八上)
梅名1  
正一位新田
稲荷大明神
地内おしゃもじさん 江戸中期、富士山の宝永大噴火(1707年)により、
当地に逃れ来た人々が、新田稲荷を祀ると同時にこの
地に「おしゃもじさん」を祀ったと伝えられる。
昭和中頃までの「おしゃもじさん」は、当地の南方
100m弱の所にあった小区画に、松の木や榎に守ら
れた三基の石柱を指していたようである。
(梅名自治会、梅名郷土史研究会による現地案内板)
梅名498  
赤王(あかおう)
神社
本社赤王(あかおう)
神社
不詳かつては赤王山中にあったが、洪水で現在地に流され
たという。
(増訂豆州志稿八上)
大場883 楠石神
赤王(しゃこう)
神社
本社赤王(しゃこう)
神社
不詳大塲村赤王神社の分祀也 初宇入穴に鎮座、後現地に
移すと云
(増訂豆州志稿八上)
北沢139 赤五神社
見目神社境内社御社護地神社社護神境内社一 神明、山神、秋葉、福石、八坂、天神、
社護神を合祀す
(増訂豆州志稿八上)
佐野1社護神 
天泊神社境内社左宮司社石神境内社一 鯨宮、白山、熊野、稲荷、石神を合祀す
(増訂豆州志稿八上)
中4−1石神 
左内神社相殿社宮司社社宮司大神(静岡県神社志)
村社左内神社祭神不詳、相殿山神石神
(増訂豆州志稿八上)
中島西310-2  
神明宮合祀左宮司社石神明治廿年平田村石神社を合併す(増訂豆州志稿八上)平田53  
天神社合祀左宮司社石神明治三十四年左宮司社と山神社を合祀谷田274−2左宮司神社左宮神社

富士宮市

この地域は検地の道具を祀ったという伝承が特に強い印象を受ける。
明治に入ってからの測量後に創祀したというシャグジもあり、驚いた。
富士川に沿った山梨とのつながりも感じられる。

本社等の名称区分シャグジ社等名称祭神備考現存字地番駿河志料駿河國
新風土記
駿河記今井踏査
三宮神社本社三宮神社三宮神由緒、創建年月不詳。
敷地や石垣の状態から、かつては現在より規模の大き
な社殿があったと思われる。
狩宿46左宮司社   2022/9/4
社宮司
(しゃぐうじ)
神社
本社社宮司
(しゃぐうじ)
神社
社宮司神「おしゃもちさん」と呼ばれ、検地の道具を納め、稲
荷として祀ったとされる。社殿が朱塗りされている。
小泉104   社宮司2022/11/19
棹地(さおち)
稲荷神社
本社棹地(さおち)
稲荷神社
宇迦之
御魂神
往古、検地竿を納めた所なので、「御竿地(オシャゴ
チ)」と称される。
中央町7−6   棹地稲荷
(おさんごじさま)
中里東
しゃもじ神社
本社中里東
しゃもじ神社
  中里東町   尺神
(おしゃもすつあん)
2022/11/19
山本八幡宮境内社社護神社 (富士支部神社名鑑)山本字谷戸1左宮司社  社護神
(おしゃもつっあん)
2022/11/19
上稲子
三合地社
小祠上稲子
三合地社
三合地慶長十四年上稲子村御検地終了後、北ヶ谷戸に面積三
合の地を求めて器材を納め、コガの木を植えて三合地
社の祠を建て、祀ったという。
上稲子北ヶ谷戸    
上柚野瀬古
三宮司
上柚野瀬古
三宮司
三宮司明治九年土地一筆測量の際、検地が終了した瀬古の地
に測量の器材を埋め篠竹を植え、碑を建てて三宮司と
刻み祀っている。
上柚野瀬古    
大久保八幡宮合祀三宮地神三宮地神令和元年に区内の三宮地神を合祀大久保608左宮司社左宮司三左宮司社三左宮司社

伊東市

本社等の名称区分シャグジ社等名称祭神備考現存字地番踏査
宇佐美八幡神社境内社杓子神社不明田方神社誌に八幡神社の境内社として記載されるが、他の地誌等に記載なし宇佐美字八幡1917

島田市

大井川をまたぐこの地域のシャグジは多様で面白い。
天台寺院の影響を受けたり、「山護神」として山の神になったり、帝釈天として寺院に祀られたり。
島田では、今もシャグジの息づかいが聞こえてくる。

本社等の名称区分シャグジ社等名称祭神備考現存字地番駿河志料駿河國
新風土記
駿河記掛川誌稿今井踏査
岸町浅間神社合祀山護神社大山祇命江戸期の岸村にあった山護神を明治十一年に合祀。
山護神の森は現在地東方の北条ヶ谷(通称「入りの
谷」)にあり、岸村の庄屋だった森下家の氏神として
祀られていたと伝わる。(島田風土記 ふるさと六合)
岸町字宮前1山護神社宮司左口司社 左宮司社
山護神
2022/11/5
智満寺日吉神社
境内社熊野神社
合祀砂居子
大明神
砂居子
大明神
千葉山智満寺の鎮守社として勧請された山王権現を
神仏分離に伴い日吉神社に改称。境内社に祀られた多
くの神々の一柱が砂居子大明神
千葉253  砂居子
大明神
  2022/11/5
東光寺日吉神社末社山之神社
(山護神社)
山護神東光寺の伽藍神である山王権現を明治九年に日吉神社
に改称。明治の神仏分離に伴い、村内に散在する社祠
が統合され、参道に末社として祀られたうちの一社が
山護神社。
旧社地は当地の南方にあり、山護神(さごじ)呼ばれ
た。地名と社地の痕跡がわずかに残る。(島
田風土記 ふるさと六合、今川氏と東光寺)
東光寺614山護神 社宮司 社宮神
山護神
2022/11/5
阿知ケ谷
天満天神社
境内社山護神社大山祇命阿知ケ谷字山ノ神にあった山護神社を明治十二年に境
内社とした。(島田風土記 ふるさと六合)
阿知ケ谷
624
    社宮神2022/11/5
山の神
(山護神)
旧地山の神
(山護神)
山護神東昌寺跡の近くに山護神の遺跡がある。土地の人は
「おしゃもっさん」と呼んでいる。(私たちの郷土阿
知ヶ谷誌)
×阿知ケ谷     2022/11/5
左軍神社本社左軍神社 貴重な独立社だが、由緒に関する資料は一切見つから
ない。
伊太(旗指)    社宮神
村の土神
2022/11/5
おしゃもじ地蔵本社おしゃもじ地蔵 別名イボとり地蔵と呼ばれる。
平癒を祈願し、イボが取れるとお礼にしゃもじを納め
る。
創祀年月不明だが、大正から昭和にかけて近在に崇め
られたという。
神谷城の「神」は旧石神村に由来する。
神谷城
字中尾
659
     2022/7/18
釈地尊天堂
(おしゃもじ様)
本社釈地尊天堂
(おしゃもじ様)
釈地尊天新田開発の検地に使用した尺棒を埋め、土地神を祀っ
たとされる。
掛川誌稿に「田野ノ間小キ森ニ古楠樹
一株四抱許ナルアリ、其下ニアル小祠ナリ、夜叉神ヲ
祀ルト云」とある。現在は帝釈天として祀られている
という。
(村の生い立ちと歩み-志戸呂五個村と牛尾村-、
かなやの史話・民話・伝説見て歩く)
牛尾字
本田山
1443
   夜叉神社宮子
石神、
杓子共
2022/11/11
敬満神社合祀三狐神社御食都神明治七年五月三狐神社(元地 久保沢)を合祀阪本
4054-1
     2021/11/28

富士市

富士川は道祖神分布の境界である。富士川より東はシャグジと混在する上に石神信仰も重なり、線引きに戸惑う。
西岸の旧富士川町には道祖神がほとんどなく、松野地区中心に多くのシャグジ伝承がある。

本社等の名称区分シャグジ社等名称祭神備考現存字地番駿河志料駿河國
新風土記
駿河記今井踏査
社護子神社
(お杓子神社)
本社社護子神社
(お杓子神社)
社護子大神
(咳の神)
川坂のおしゃもっさん
近隣から咳の神様として厚く信仰されている。
(ふるさと富士川第二集)
中之郷字川坂
3972−4
   社宮司2021/11/10
木島の
おしゃもっさん
小祠木島の
おしゃもっさん
 木島の家並みの中程におしゃもっさんがある。
昔は広く、境内に桜やもちの木があり、
小正月にはドンド焼が行われた。
子どもの夜泣きや病気の神様で、
願をかけて治ると礼に杓文字を納めた。
(ふるさと富士川第二集)
木島    
室野の
おしゃもっさん
小祠室野の
おしゃもっさん
 室野のおしゃもっさんは室野の北のはずれにある。
昔、室野の土地に初めて住み着いた人たちの長(おさ)
を祀ったといわれ、家を建てる時の縄張りに使った杓
子定規を祀ったといわれる。
(ふるさと富士川第二集)
木島字室野    
大北の
おしゃもっさん
小祠大北の
おしゃもっさん
 北松野にはおしゃもっさんが二ヶ所あった。
両方とも子どもの神さまで、子どもが病気したような
時は、近所の人が治るようにお杓子をあげた。
祭日は神さまに御題目をあげて、赤飯をたいて子ども
たちにくれた。(ふるさと富士川第二集)
北松野字大北    
清水ケ糸の
おしゃもっさん
小祠清水ケ糸の
おしゃもっさん
 同上北松野
字清水ケ糸
    
原方の
おしゃもっさん
小祠原方の
おしゃもっさん
 原方のおしゃもっさんは子どもの夜泣きの神さんで、
夜泣きする子どもで困ってしまうと、
おしゃもっさんに油揚げを二、三枚供えて、治るよう
にお願いした。(ふるさと富士川第二集)
南松野字原方    
平清水の
おしゃもつさん
本社平清水の
おしゃもつさん
 大正二年の松野村誌に掲載された
「南松野村諸神々御社諸寺々寺内目録」
(元禄期の作成と思われる)に平清水の社宮神が記載
されている。
南松野
字平清水
    2023/7/30
岩本の
おしゃもっさん
小祠岩本の
おしゃもっさん
社宮地
之大神
歯痛の際、納めてあるしゃもじでさすると痛みが治ま
るとされる。
治れば新しいしゃもじを返す。
岩本(旭町)左宮司  おしゃもす様2022/7/30
稲荷神社配祀社宮司神社社宮司神富士支部神社名鑑に稲荷神社の配祀神として社宮司神
が記されている。
本市場
92−1
    
横割社宮司神社本社横割社宮司神社社宮司神安永三年(1774)の棟札に社宮司神の記載がある。
(富士支部神社名鑑)
横割本町
11
石神社石神祠石神社社宮司神社
原田五社神社合祀社護神社社護神明治以降に合祀原田
1140
左宮司社  石神社
おしゃもつっあん
2022/11/19
西比奈春日神社摂社尺地神社尺地神本殿に三つの祠があり、右側に尺地神が祀られている。
明治四十年に合祀した尺地神社は
現在の日本製紙工場敷地内(字西障子816)に鎮座し
ていた。
昭和の初め頃まで旧地も祀られていたが、
周囲が藪となり祀る人もいなくなったという。
尺地神社に祀られていた石は、現在八坂神社の本殿前
に祀られている。(吉永地区神社の歴史)
比奈字蔵屋敷
966
左口司社シャゴジ石神祠尺地神
おしゃごつっあん
2022/11/19
西比奈八坂神社関連尺地神社尺地神西比奈春日神社の境外社。
隣接する日本製紙工場敷地内(字西障子816)
に鎮座していた尺地神社に祀られていた石を本殿前に
祀る。(吉永地区神社の歴史)
比奈字西障子
842
左口司社尺地神
おしゃごつっあん
2022/11/19
中比奈御崎神社配祀 尺地神(富士支部神社名鑑)比奈字御崎戸
1066
   尺地様
おしゃもじさま
2022/11/19
江尾の
おしゃもっさん
小祠江尾の
おしゃもっさん
尺地神おしゃごっさんともいう。
検地の際に使った間竿(お尺)を納めて祀ったといわ
れ、「お尺もち」が「おしゃもち」に訛ったとされる。
祠の下に湧水があり、毎月1日と15日に塩と米とシ
バを供える。
(広報ふじ平成11年「富士の民話あれこれ」)
江尾   おしゃもつ様
間門浅間神社配祀佐口神
(さくじん)社
岐ノ神
猿田彦命
境内社 五社宮神社の一つ(吉永地区神社の歴史)間門字峰山
240
  石神 
鵜無ケ淵神明宮境内社石能神石神
岐神
(吉永地区神社の歴史)鵜無ケ淵
字宮後
295
    
船津浅間神社境内社石自神宮 石自(しゃくじ)神宮。俗称おしゃもつさん。
昔検地に使われた物差しを祀ったものと云われている。
(郷土誌浮島)
船津
619
    

磐田市

本社等の名称区分シャグジ社等名称祭神備考現存字地番今井踏査
笠梅六所神社境内社オシャモッサマ 六所神社北の小祠。風邪や寝小便に御利益ありと伝わ
る。(磐田昔がたり)
笠梅797−1 
西貝塚須賀神社境内社社口神社猿田彦命勧請年月不詳。明治九年三月、本村字源次郎谷から遷
西貝塚1437 
西貝塚須賀神社合祀オサグッさま 舎軍利の坂の中腹の林の中に祀られていた小祠を合祀西貝塚1437おさぐつあん
中泉の御社文字様小祠社口神社 「石神問答」の山中笑(共古)による「見付次第」に
記載あり。
中泉代官所の入口に鎮座し、代官所の守護神だったと
いう。現在は磐田駅の一角に保存されている。
中泉字御殿おさもつさま
石宮神社本社石宮神社猿田彦命太郎馬新田の氏神。シャグウ神社、あるいはイシミヤ
神社という。
磐田市浜部との境に近接する。(福田町史資料編民俗)
角川日本地名大辞典では社子神社とする。
太郎馬新田41 
大当所諏訪神社相殿社宮司社 オシャモツ様。かつて諏訪神社鎮座地麓の社宮司集落
で祀られていたシャグジが同社境内に遷座され、昭和
に入り、相殿となった。
(豊岡村郷土研究クラブ「しのびぐさ」)
大当所296 
野邊神社境内社社宮司神社不詳明治九年、磐田郡敷地村字社宮司から遷座敷地940おしゃぐりさま

コメント