ごんぶと

静岡のシャグジ

吉永八幡宮(社子神社)

吉永八幡宮は平安初期の大同元年創祀と伝わる古社である。旧志太郡吉永三ヶ村の氏神であり、大名行列を模した神輿渡御で知られる。
静岡のシャグジ

藤守八箇森(オシャモジの森)

オシャモジの森は「藤守八箇森」の一つである。現存しないが、かつて森があったと考えられる場所には案内板が設置されている。
静岡のシャグジ

静岡のシャグジ一覧

各地の神社名鑑や郷土誌、江戸期の地誌、今井野菊氏による踏査集成などに基づく、現存または具体的な伝承が残る静岡のシャグジ一覧です。
静岡のシャグジ

御社守稲荷

御社守稲荷は「藤守八箇森」の一つ、「椀貸の森」に鎮座する。オシャモリサン、オシャモジサン、おしゃもつ様などと呼ばれる。
静岡のシャグジ

上小杉八幡宮(社護神社)

上小杉八幡宮は旧上小杉村の氏神である。村民が諸国巡遊中の北条時頼に氏神の勧請を言上し、鶴岡八幡宮から分祀が許されたという。
静岡のシャグジ

石脇浅間神社(社宮司)

石脇浅間神社は石脇上下の氏神であり、徳川家康が当目合戦の際に旗を掛けたという「旗掛石」の背後に鎮座する。
静岡のシャグジ

花沢のオシャモッツァン

花沢のオシャモッツァンは焼津市花沢集落の入口にあるシャグジである。歯痛や子どもの病気に御利益があるとされ、耳の神様ともいわれる。
静岡のシャグジ

那閉神社(青木の森左口社)

那閉神社は物部氏により当目山(虚空蔵山)上に勧請されたという延喜式内社である。境内社の青木神社には左口社も祀られているという。
静岡のシャグジ

中里若宮八幡宮(社護神社)

中里若宮八幡宮は井伊直孝の産土神として知られる。境内社に大井神社のほか、津島神社、秋葉神社、白髭神社、社護神社がある。
静岡のシャグジ

女体の森宗像神社(猿田彦大神)

女体の森宗像神社は「興津」地名の由来ともされる。境内にある猿田彦大神の小祠は、かつて「社古地ノ森」にあったシャグジではなかったか。