静岡のシャグジ

用宗浅間神社(左宮司社)

用宗浅間神社は、今川、武田、徳川を通じた戦国期の激戦地であり、瀬名姫(築山殿)の父、関口親永が城主を務めた持舟城の麓に鎮座する。
静岡のシャグジ

川合社口神社(お杓子さん)跡

川合社口神社は、かつて川合と上土の中間の道沿いにあった小祠である。古来より、祈願者は「すぐり藁」の大きな草鞋を奉納していたという。
静岡のシャグジ

下野浅間神社(三狐神)

下野浅間神社は元来十二天尊社と称した。別棟には水天宮、神明宮、そして三狐神が合わせて祀られている。
静岡のシャグジ

押切八幡神社(左口神社)

押切八幡神社は、八幡神社、白髭神社、左口神社による三社相殿の神社である。三社のうち左口神社は、江戸期には三狐神社と称していた。
静岡のシャグジ

増神明社(佐栗神社)

増地区の氏神。大正五年に合祀された佐栗神社は増の西組の産土神だった。 かつては左宮司社と称したが、明治元年に佐栗神社に改称した。
静岡のシャグジ

郷島浅間神社(三五神社)

郷島浅間神社は郷島の産土神である。明治期に三島神社、稲荷神社、津島神社を合祀し、境内社に金山神社と天神社があるとされる。
静岡のシャグジ

門屋八幡宮(左口神社)

門屋八幡宮は旧門屋村の産土神である。祭神は品陀和気命。境内社に山神社と左口神社がある。左口神社の祭神は八衢比古命、八衢比賣命である。
静岡のシャグジ

新伝馬白髭神社(左口神社)

新伝馬白髭神社は伝馬町新田村の氏神である。当初は村内に寺社がなかったため、松富の貴庵寺に鎮座する左口神社を産土神と奉斎していた。
静岡のシャグジ

伊佐布伊勢神明社(左口社)

伊佐布伊勢神明社は、かつて境内に祀られていた三十番神を安穏寺に遷し、その後、村内の各氏神を奉斎した神社である。
静岡のシャグジ

興津社護神社(茨原神社合祀)

興津社護神社は天照大御神と猿田毘古神を祭神とする。創建時期は不明であるが、貞享三年の古図には既に「社護神」と記されているという。